2017-18年度 国際ロータリー(RI)テーマ

 
   会 長   古川 英希


 
 

 

  日 立港ロータリークラブ2017-2018年 度の会長を務めさせて頂く事になりました。なにかと力不足では御座いますが、これからの1年間、会員みなさまのお力をお借りし、さきの40周 年記念事業キャッチフレーズにもありました、『地域と共に更なる未来へ!』を実践できるよう、地域に貢献できる奉仕活動と、会員同士の信 頼と友情を築く事ができる親睦活動を両輪として、創立50周 年にむけての新たな一歩となる1年にしていきたいと思います。

 さて本年度のRI会長、オーストラリア 出身のイアンH.S.ラ イズリー氏は、2017-2018年度のRIテーマに“ROTARYMAKING A DIFFERENCE”日本語訳では『ロータリー:変化をもたらす』を掲げました。これは「ロータリーとは何ですか」という問 いに、私たちは行動によって答えます。『奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらせる』ということを意味しています。私たちも奉仕活動 によって、地域の人々の生活、人生に変化をもたらす事のできる1年 にしていきましょう。

 2017-2018年度のロータリーの目標

 優先項目1の 目標:クラブのサポートと強化

・ クラブの会員基盤を広げ、多様な会員を増やし、積極的な参加を促す。

優先項目2の 目標:人道的奉仕の重点化と増強

・ ロータリアン、若い世代、ロータリー学友、一般の人々に、ロータリープログラムや重点分野の活動への参加、およびロータリー財団への 寄付を呼びかけ、地元や世界に変化をもたらしましょう。

優先項目3の 目標:公共イメージと認知度の向上

・ 地元や世界に変化をもたらすクラブの活動について魅力あるストーリーを伝えることで、地域社会でクラブの公共イメージを良くし、ロー タリーへの認知度を高めましょう。

   また、本年度の第2820地 区保延輝文ガバナーは地区スローガンを『未来へチャ レンジ』と決定しました。

現在、2820地 区では会員の減少と高齢化が深刻な問題になっております。これらを打破するため、以下の6項目を地区目標としています。

 1.        ク ラブのサポートと強化

◎会員増強

   会 員が29名 以下のクラブは少なくとも1名以上の純増

   会 員が30名 以上のクラブは少なくとも2名以上の純増

   40歳未満の会員、女性会員増強

   RI会長賞への受賞クラブを増やす

   新 入会員のオリエンテーションの実施 ◎ ロータリー情報委員会の活用

2.        公 共イメージと認知度の向上

◎ロータリー内外へ公共イメージを高める

  ◎多様なメディアを通じてロータリー を紹介するようクラブと地区を奨励する

 3.  青少年への支援

  ◎インターアクト・ローターアクト・ ライラ・青少年交換 ◎米山奨学生・米山学友・財団学友

 4.  ロータリー財団への支援

  ◎150ド ル(年次寄付130ドル・ポリオ 20ドル)◎各クラブ、ベネファクター 1名 以上

 5.  米山記念奨学会への支援

  ◎米山記念奨学会 ◎125,000円以上(普通寄付5,000円・ 特別寄付20,000円)

 6.  衛星クラブの新設(1クラブ以上)

  これらの地区目標を踏まえて本年度の日立港ロータリークラブの1年 間の活動方針及び計画を以下のように致します。

1.        会 員増強のための魅力あるクラブ造り

  地区目標にありますように少なくとも2名の会員純増を目標にし、会員増強活動を展開したいと思います。そのために、例会、情報集会、奉仕活動の 出席率の向上を目指し、会員相互の友情と信頼を築いていける魅力あるクラブづくりを実践していきます。新入会員がいても現会員の退会 があっては会員増強は望めません、会員増強活動と同様に退会防止活動に努めていきます。

新 入会員入会は一朝一夕に決まる簡単なものではありません。昨年度作成したCLP目 標の会員増強プラン(201819年度 会員数42)を 踏まえて地道な勧誘活動をしていきたいと思います。

  また、入会5年未満(3年未満の会員は企業の交替会員が多い)の 会員を中心としたオリエンテーションを実施したいと思います。同様に、外部卓話の時間を利用し、地区の委員会の方々より、ロータリー に関する卓話をいただきロータリーについて理解を深めていきたいと思います。

2.        奉 仕活動への積極的取組みと公共イメージ の向上

  現在、当クラブで行なってる主な奉仕活動は青少年奉仕を中心とした、中学生男子野球大会、女子バスケットボール大会と、インターアク トクラブへの支援活動です。これらの奉仕活動も参加する会員が固定化しているように感じられます。奉仕活動への多数の会員の参加を促 し、これらの活動の更なる充実を図りたいと思います。インターアクトクラブについては共同奉仕活動を積極的に行い、ロータリーの公共 イメージの向上に努めたいと思います。

 10年前、私が入会した当時は、海岸清掃、外国人留学生との交流会、みなみひまわり学園との交流等の活動があ りましたが現在は行っておりません。今後のクラブ発展のため、何か新しい奉仕活動を会員の皆様と模索していきたいと思います。

以 上の2点を軸として、1年間活動し2年 連続の『RI会長賞』受賞を目指していきたいと思います。

会 員の皆様には、今まで以上のご協力、ご支援をお願いすると思いますが、楽しく、好意と友情を深め、地域の人々に変化をもたらす事がで きる1年 にしていきましょう。