クラブ便り

    

     「初めてのAED講習会開催」報告

 

                                                                          日立港ロータリークラブ

                            社会奉仕委員長 渡辺朝光

 

 朝から小雨が降り、研修日よりとなった5月31日(土曜日)、午後1時より、日立市みなと町のウェルサンピア日立に於いて、当クラブ初めての「AED講習会」が開催されました。最近、駅や学校、ショッピングセンター、ホテルなどで「AED」と書かれた表示やBOXを見たことがあると思います。AED(自動体外式除細動器)は、突然、心臓が停止した人に電気ショックを与え、心臓の動きを取り戻すための機器です。      

  コンピュータによって自動的に心室細動かどうかを調べて、電気ショックが必要かどうかを決定し、音声メッセージで電気ショックを指示してくれます。AEDの操作は、2004年7月より、一般市民でも行うことができるようになりました。昨年6月、三本菅秀夫会員よりAED講習会の提案があり、クラブの新しい行事として企画しました。講習会は、日立市消防本部・臨港消防署の7名の隊員の方々にご教授していただきました。

  最初に、応急手当講習テキストにより「応急手当の基礎知識」の講義を受け、次に受講者が4班に分れ、救命処置の手順(@ 心肺蘇生法の手順、A AEDの使用手順)、気道異物の除去、子供の救命処置などについて、講義と実地訓練を受けました。

  私の班には、2度目の受講者がおり、1番目に実地訓練を始め、そのテキパキとした行動に驚きました。手順は、@ 反応の確認「どうしたんですか。大丈夫ですか」と大声で肩を叩きながら反応をみる。A 助けを呼ぶ「あなたは119番へ通報してください」「あなたはAEDを持ってきてください」と。B 気道の確保。C 呼吸の確認。D 人工呼吸(2回)。E 胸骨圧迫(30回)。F AEDの操作。G DとEの繰り返し(救急隊に引継ぐまで継続)でした。AED操作は、機器から手順が音声で流れ以外と容易に取り扱いできました。3時間の講習でしたが、講習半ばでは各班より大きな声が室内に轟き、皆さん真剣に一生懸命取組んでいました。

  最後に、「皆さんお疲れ様でした。全員、合格です。受講修了書をお渡しします」と言われた時は、参加者から「ヤッター」という大声が室内に溢れました。参加者は、会員と家族24名でした。皆さん、お疲れ様でした。

 
基礎知識の講義   指差しにて119番依頼   心肺蘇生法の手順指導
   
いよいよ訓練開始   人工呼吸に取組む   胸骨圧迫(1分間に30回)
   
手を重ねて真ん中を!   AED機器の操作説明   最後に「全員合格です。」

 

もどる